当サイトではアフィリエイト広告及びアドセンス広告を利用しています

LEICA カメラ・写真 ハンドメイド

ライカM10をカスタマイズその5

前回、サムレストを作ってみたものの、強度が全然なくていずれ金属化・・・なんて言ってましたが、金属は無理でも本物のカーボンならなんとかなるんじゃないかと思って買ってみました。

2mm厚のカーボンプレート

加工はミニリューターとダイヤモンドカッターでゴリ押ししてます。
あとは100均のダイヤモンドヤスリを数本。
本当ならダイヤモンドドリルとかあったらいいんだけど、近所の100均になかったので保留中

 

レバー部分

プラ製に比べて向かって左側が薄くなってますが、強度は充分にあります。
初加工でこれだけ出来てりゃ充分でしょ。

 

基部も下側は削れたので、あとは上側だけ。

しかし、粉はいっぱい出るわ、ダイヤモンド系意外じゃ削れない話で基部下側の作製は結構面倒臭かったです。
マジで何軒か百均を回ってダイヤモンドドリルを買ってきた方が作業が早いかも知れないな。
てか、ロック機能つけるのにドリル買わないといけないんですけどね。

 

まぁ当然ながら前述のように普通のドリルやタップ切りではダメだったので、諦めてプラの時と同じように、上下の基部の間に端材を挟んで接着してしまおうかと思ってます。

 

接着剤はこいつを使おうかなと。

とりあえず、カーボンの削り出しでまだ暫くは掛かりそうなので、のんびりとやっていきます。

 

-LEICA, カメラ・写真, ハンドメイド
-, ,