当サイトではアフィリエイト広告及びアドセンス広告を利用しています

FUJIFILM カメラ・写真

F2.8

夏に向かって日がかなり長くなってきましたね。

少し前なら夕日だった時間帯でもまだ日が照ってます。

薄暗くなってきて夕日になるまでの時間もかなり長くなってます。
手頃な高さに野田ふじが咲いていたので、かなり寄って下から撮影してみました。

X100F ISO-200 F2.8 1/110sec ACROS

絞り開放で寄るとかなりソフトなとっ散らかり感が出ますが、他のマクロレンズと同じでF2.8まで絞れば、あまりいやらしい感じのボケにはなりませんね。
そう考えるとF2.8ってある意味ではギリギリのラインを攻めてる感じなのかなぁ

一枚目の日の当たった藤と2枚目の藤ではかなり色合いが違いますが、見た目はほぼこの色でした。
原色系の花なんかだとVelviaがいいけど、淡い感じのものは標準のPROVIAかソフトなASTIAの方が相性がいいみたいですね。

夕方の擦れた赤いパイロンなんかを写してみると、PROVIAやASTIAでもちょっと濃いめだったので、RAWで撮って出力時に少し調整する方がいいのかなぁと感じました。
ホワイトバランスを調整するだけで綺麗に出てくれるかもしれないけど。

  • この記事を書いた人
アバター画像

tomo

■兵庫県在住 ■デジタル・フィルム問わず、カメラを持って街中をウロウロして撮影した写真を公開しています。時々カメラ以外の記事も公開中。 コメントなどありましたらお気軽にどうぞ。 当サイトはアフィリエイト広告で収益を得ています。 アフィリエイトやサイトの詳細はプロフィールページでご確認いただけます プライバシーポリシー・免責事項 プライバシーと Cookie の設定 お問い合わせはこちら

-FUJIFILM, カメラ・写真
-, ,