当サイトではアフィリエイト広告及びアドセンス広告を利用しています

AF-S NIKKOR 50mm F1.8G LENS Nikon smc PENTAX-M 50mm F1.4 カメラ・写真

PENTAX-M50mm f1.4とAF-S NIKKOR 50mm f1.8 Gでボケ比較

特に何がどうって事は無いんですが、ネタもないのでNikon Z30にPENTAX-M 50mm f1.4とAF-S NIKKOR 50mm f1.8Gをとっかえひっかえして撮り比べてみました。

結構どちらも気に入ってるレンズなんですが、AF-S NIKKOR 50mm f1.8Gを買ってからPENTAX-M 50mm f1.4を使うことが少なくなっていたのでちょっと撮り比べてみようかなと思ったのもあるんですよね。

 

撮り比べ

撮り比べは絞ってしまうと意味がないので、どちらも解放での写真です。

明暗差があるのでLRモバイルで自動補正を掛けています。

Nikon Z30+PENTAX-M 50mm f/1.4

PENTAX-M 50mm f1.4

 

Nikon Z30+AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G

AF-S NIKKOR 50mm f1.8G

背景がそんなに遠いわけではないので縮小した写真で見ると差が少ないかもしれません。

ただ、拡大すると中央の葉っぱからのボケの大きさは見て分かるので、寄って撮る場合には地味に差がでてきますね。

 

Nikon Z30+PENTAX-M 50mm f/1.4

PENTAX-M 50mm f1.4

 

Nikon Z30+AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G

AF-S NIKKOR 50mm f1.8G

ピント部分の松葉と周りの松葉で明確な差が出てます。

特に分かりやすい点としては50/1.8の方では背景の建物の窓が判別できますが、50/1.4の方ではかなり溶けちゃってます。

たかだかf0.4の差ですが、この差に魅力を感じるかどうかがどちらを選ぶかの鍵かなぁ

 

Nikon Z30+PENTAX-M 50mm f/1.4

PENTAX-M 50mm f1.4

 

Nikon Z30+AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G

AF-S NIKKOR 50mm f1.8G

50/1.4のWBがコケてますが、ボケ方の比較なのでそのままにしてます。

手前のベンチの縦木にピントを合わせてますが、こういった感じだとあんまり差が分かりにくいかもしれません。

 

Nikon Z30+PENTAX-M 50mm f/1.4

PENTAX-M 50mm f1.4

 

Nikon Z30+AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G

AF-S NIKKOR 50mm f1.8G

上の写真と同じ位置でアングルを低くして中央手前の縦木にピントを合わせて撮ってます。

こういった写し方をすると明確な差になるような部分が少なくて、そのすぐ後ろの縦木に少し差があるかなぁって感じる程度で、凄く微妙な感じになります。

拡大した時には50/1.4の方が立体感があるような感じがしますがプラシーボ効果なのかもしれません(´・ω・`)

 

PENTAX-M 50mm f1.4での写真

とりあえずPENTAX-M 50/1.4で適当に撮ってみたので載せておきます。

Nikon Z30+PENTAX-M 50mm f/1.4

これだけF5.6で撮影。

解放だとちょっと緩い感じもしますけど、絞ると普通に写ります。

 

Nikon Z30+PENTAX-M 50mm f/1.4

ピント部分はシャキッとしてるけど、あとは大ボケ。

 

Nikon Z30+PENTAX-M 50mm f/1.4

木陰から少しだけ太陽を入れるとゴーストが出ました。

SMCとはいえ、古いレンズなのでオールドレンズとして使うのにも十分なんじゃないかな。

 

Nikon Z30+PENTAX-M 50mm f/1.4

 

ちょっと明るすぎたわ(´・ω・`)

 

Nikon Z30+PENTAX-M 50mm f/1.4

当然ながらフリンジがどうのこうのって言う方には向いてません。

でも、しっかり撮れてボケも楽しめて中華レンズよりも圧倒的に安い3千円台で買えるって考えたらフリンジとかどうでもいいんですよ。

 

Nikon Z30+PENTAX-M 50mm f/1.4

何かの枯れた茎。

混ざりやすい白系だけどちゃんと立体感があるので混ざりません。

ピント面も柔らかさもあるので、今時のミラーレス用レンズじゃ味わえないかも・・・

 

Nikon Z30+PENTAX-M 50mm f/1.4

駅前の花壇を撮ってみました。

50/1.8でも十分なのかもしれませんが、こういった被写体だけをメインにしたいなら1.4の方が向いてると思います。

今からだったら後ろをイルミネーションとかかな。

 

Nikon Z30+PENTAX-M 50mm f/1.4

中央のラベルの馬のマークにピントを合わせてます。

 

Nikon Z30+PENTAX-M 50mm f/1.4

逆光気味で撮影。

解放でも後から補正で何とかできたりするので、結構気楽に撮ってます。

 

Nikon Z30+PENTAX-M 50mm f/1.4

特に何もない背景よりも、若干光が入るくらいの方が玉ボケとかが出ていい感じになる気がします。

 

まとめ

撮影する被写体によっては1.4と1.8の差はそんなに大きくはないかなぁという気もします。

ただ、入った時の立体感や溶け具合なんかはやっぱりf1.4の方がいいなと感じました。

 

基本的にはAFで使用するレンズとMFのみのレンズなので使い勝手としては雲泥の差があるとは思うので、比較対象になるのかって話ではあるんですが、価格的な事や明るさをメインで考えたら十分にありなんじゃないかと思うんですよ。

というのも中古のAF-S NIKKOR 50/1.8Gは1.5万円くらいの価格で販売されています。

一方のPENTAX-M 50mm f1.4は数が多いとかもあるのかもしれませんが、オールドレンズの代表格でもあるタクマー55/1.8に比べると全然リーズナブルで、5千円も出せば買えちゃうくらい。安かったら3千円半ばで売られてたりします。

以前ならタクマー 55/1.8も中古で1500円とかだったのに、今じゃ8千円とか1万オーバーとかザラだしなぁ(;´Д`)

 

仮にPENTAX Kマウント用のマウントアダプターを持っていなくても、タイミングよく中古であれば1500円くらいで買えたりしますし、直でPK-Zのマウントアダプターを買っても5千円くらいなので、50/1.8Gを買うよりも安く上がります。

仮に50/1.8Gを買おうと思ってるけどFTZを持ってないっていう場合であれば余計に差は広がりますね。

 

因みにレンズが違うと同じF値でもボケ方も違うので一概には言えませんが、AF-S NIKKOR 50/1.4Gだと50/1.8Gの倍くらいの3.2万前後の価格で販売されているので、比較でそこまで大きな差を感じないのであればF1.8のレンズで十分でしょうし、価格を安く抑えたいのであれば今回のPENTAX-M 50mm f1.4のようなレンズを選択するのもありなんじゃないでしょうか。

結構入手しやすいレンズなので、もし興味があるようでしたら探してみてください。

 

  • この記事を書いた人
アバター画像

tomo

■兵庫県在住 ■デジタル・フィルム問わず、カメラを持って街中をウロウロして撮影した写真を公開しています。時々カメラ以外の記事も公開中。 コメントなどありましたらお気軽にどうぞ。 当サイトはアフィリエイト広告で収益を得ています。 アフィリエイトやサイトの詳細はプロフィールページでご確認いただけます プライバシーポリシー・免責事項 プライバシーと Cookie の設定 お問い合わせはこちら

-AF-S NIKKOR 50mm F1.8G, LENS, Nikon, smc PENTAX-M 50mm F1.4, カメラ・写真
-, , ,