当サイトではアフィリエイト広告及びアドセンス広告を利用しています

E 16mm F2.8 LENS SONY カメラ・写真

α6700&E 16mm F2.8のミニマルシステム

なんだかんだでOLYMPUS TG-6を通勤のお供にしていましたが、この前持ち出したα6700とE 18-135mm、それとE 30mmマクロ、E 11mmが机の上に出しっぱなしだったので、防湿庫に入れようと思っていたんですが、ふと「E 16mm F2.8だったらそんなに負担にならないんじゃね?」って思ったので今日のお供にしてみました。

 

α6700とE 16mm F2.8=560gの軽量システム

TG-6の重さが約253gなのに対し、α6700の重さは約493g(どちらもカードなどを含んだ撮影可能状態の重さ)

そしてE 16mm F2.8の重さが67gとなっているので、合計すると約560gという軽量なシステムになります。

TG-6と比べるとシステム的には約2.2倍の重さという事になりますが、意外と左胸にも負担が無い感じでした。

実際の数値だけを見ると、Nikon Z30(約405g)とNIKKOR Z DX 16-50mmやNIKKOR Z DX 24mm f/1.7(共に135g)の方が540gという更に軽量なシステムになるんですけどね。

レンズがコンパクトな分だけα6700+E16mmの方が見た目からの認識で小さくて軽く感じると思ってしまうんですけど、正直、数十グラムの差だったら持ち歩いてても分からないレベルなので、気に入った方でいいんじゃなかろうかと(;´Д`)

 

お手軽だけどスナップ向きかなぁ・・・

真っ暗ってわけではないんですが、一面雲に覆われた空模様。

さて、何を撮るかなぁって考えながら色々と撮ろうと思ったんですが、予想外にスナップ用かなぁって感じになりました。

SONY α6700+E 16mm F2.8 曇天の尼崎城

尼崎城を撮ってみたものの、ちょっと遠かったので一回りほどトリミングしました。

 

最近はマクロ系ばかり使っていたので、「全然ピントが合わねぇ」とか思ってレンズを見たら最短撮影距離が25cmでした。

SONY α6700+E 16mm F2.8 なにかの蕾が出来ていた

決して寄れないレンズってわけではないんですが、全長が短いだけに寄れない感じが凄く出ますね。

重さが軽く感じるのとは反対にもうちょっと寄れたらなぁと感じる部分も多かったので、スナップ用として割り切って使う方がいいかもしれません。

 

松の木と遠くに見える駅。

SONY α6700+E 16mm F2.8 松の木と阪神電車

換算で24mmなので、被写体とバックを一緒に写すのにも丁度いい感じかなぁ。

雨はギリギリ降らずにもつかなぁって思ってたんですが、5~6枚撮ったところで地味にぽつぽつと降ってきたので撮影を中断しました。

ま、駅までも3分くらいなので傘も差さなくていいかなと思っていたんですが、そのまま駅に行ったら意外と雨の跡がダウンジャケットに付いてました(;´Д`)

普通に折り畳みを差しててもよかったかもしれないなぁ

 

寄って撮るならE 20mm F2.8の方がいいかも

中古ではかなり安いのでオススメのレンズではあるんですが、もうちょっと寄って撮ったりとかもしたいのであれば、E 16mmよりもE 20mmの方がいいかもしれませんね。

サイズ的にもそんなに変わらない、2g重くなるかわりに5cm最短撮影距離が短くなり、画角が少し狭くなるのでもっと寄れている感じになりますからね。

とはいえ、普通にスナップなんかで使うのであれば何ら問題は無いので、気軽に持ち出すようならちょうどいいかもね。

 


ソニーストア