当サイトではアフィリエイト広告及びアドセンス広告を利用しています

LEICA LENS カメラ・写真

今欲しいMマウントレンズ

定期的にやってくるこの欲しいレンズをただ書き殴るだけの記事。

『おいおい、周八枚を買ったばっかりだろう』なんて野暮な事を言っちゃダメです。

手に入れたら次のが気になるのも沼の一つですから・・・(´・ω・`)

というわけで、最初はこれ

NOKTON 21mm f1.4はずっと言ってるな。

TTArtisanの21mm f1.5もあるけど、あっちはちょっと違う。何がって言われても困るけど、なんか違う。形とかかなぁ

フードなしでもフィルターの付けられるNOKTONの方が取扱も楽そうだしね。

 

次のレンズはこれ

NOKTON Vintage Line 50mm F1.5 II VM SCです。

以前は50mmはズミルックスの初期か2代目って言ってたけど、流石に高過ぎるんよね・・・

これまたTTArtisanに50mm f1.4があるわけですが、フード問題でげんなりするのも嫌なのもあるけど、レンズのコンパクトさが最大のポイントかな。

流石に1.4と1.5で大きな違いがあるとも思えないし。

 

次はTTArtisan 50mm f0.95

ノクチの1/10以下で買えてしまうのに、そんなに悪い評価も聞かないし。ノクチの代わりとしたら全然アリかなぁと。

同価格帯でSPEEDMASTERの50mm f0/95もあるけど、最短距離が1mなのに対してTTArtisanの方は70cmなので、この差は結構大きいです。

 

一番闇が深いのが90mm。

でも一番欲しいのも90mmなんですよね・・・

似たような価格になってしまっているテレエルマリート90mm FATとズミクロン 90mm 3rd。

テレエルマリートは見た目とか携帯性を考えたら一番なんだけど、開放でf2.8。

ポートレートだとちょっと物足りない感じもするんですよね。

そうなるとズミクロン 90mm 3rdがベターってことになるんだけど、どうもいい出物に出会わないんですよね・・・

いっその事新品で買えるTTArtisan 90mm f1.25を買うのもありか?

重さは1010g。何の気なしに撮りにいくのに持って出るには重いわな・・・ってな感じで堂々巡りを繰り返してる状態なんですよね。

比較的安価で状態のいいテレエルマリートFATがあれば即決しちゃうかも知れませんけど、なかなか巡り合わないしね。

 

まぁ、色々書いてますけど、去年悩んでた頃と比べたら、Mマウント意外のの環境が揃って来てるので、焦って買わなくても済んでるって部分もあるんですよね。

広角はマイクロフォーサーズのパナライカ8-18mmでカバー出来るし、ポートレートならLUMIX S1に85mm f1.8で大丈夫だし。

なので、現段階で先に購入するとしたら50mm のNOKTON f1.5 II SCかTTArtisanのf0.95でしょうか。

価格差もほぼないので、優先順位の高いのが終わったらTTArtisanのf0.95を買ってみようかなぁ

・・・ってまた来年も同じ事を言ってたりしてね(;´д`)