当サイトではアフィリエイト広告及びアドセンス広告を利用しています

LEICA LENS Summar 50mm F2.0 カメラ・写真

ライカM10-Rブラックペイントと山崎ズマール

Mマウントのレンズはそんなに持ってるわけでもないんですけど、折角なので一通り使ってみようかなと思ってます。

そんなわけで、今日は山崎磨きのズマールで通勤。

 

やっぱりズマールだと言わないと分からないくらいに写りますね。

 

 

ちょっとぐるぐる。

しっかり写るのでオールド感は少ないんですが、ぐるぐる具合はオールドレンズ、ボケは個性的ではないので、自分的にはドンピシャに刺さるレンズなんですよね。

 

因みに研磨前のズマールで同じ場所を撮った時の写真がこれ。

同じレンズなんやで・・・

 

ズマール 50mm F2.0

前から気になっていた流れで、ズマールを買いました。 シリアルナンバーから調べてみると1936年製らしいので、82年前のレ ...

続きを見る

 

無限でF5.6くらい。

 

駅前の咲き残っていた向日葵を撮ってみました。

 

背の高い中央の向日葵を等倍切り出し。

( ゚Д゚)

レンジファインダーで手持ち撮影なのでちょっと甘い感じもしますけど、シャープネスとかの加工を入れれば分からなくなりそう。

これで450x300くらいのサイズなので、長辺1200pxくらいのSNSサイズなら中央付近だけでいけます。

こういったトリミング耐性というか作業効率の良さを考えたら、M10の時よりもM10-Rの方が全然使い勝手がいいと思います。

どうやっても切らなきゃいけないものが写ってたりする事がありますしね・・・

 

ズマールらしいぐるぐる

 

背景さえ気を付ければ最短付近で撮ってもそこまで強烈なぐるぐるにはならないので、実は意外と使いやすいんです。

最短撮影距離が1mなのだけが唯一の欠点かなぁ。

 

ズマールって他のライカレンズに比べたら元々売られてた値段が格安だったので値上がりしても全然マシですけど、それでも自分が買った時の倍くらいの価格にはなってるんですよね・・・

 

ズミクロン50mm 2ndを手放してからまた買い直そうかななんて思ってたりもしましたが、もう買おうかなって金額じゃなくなっちゃってます。

でも、ズマールはまだまだ手が届く金額ではあるので、ワンチャンで磨いてみるのもいいのかもしれません。

もちろんレンズの状態がそれなりにいいものなら、そのまま柔らかい感じのズマールとして使う方がいいと思いますよ。

なんせ2本買って1本磨いたとしてもズミクロン50mm 2ndよりも全然安いですしね・・・

 

-LEICA, LENS, Summar 50mm F2.0, カメラ・写真
-, , ,