当サイトではアフィリエイト広告及びアドセンス広告を利用しています

LENS NIKKOR Z 100-400mm f4.5-5.6 VR S Nikon カメラ・写真

NIKKOR Z 100-400mm f/4.5-5.6 VR Sがやってきた

なんだかんだ言って買ってきました100-400mm。

どうせ買うんだしもういいや的なw

で、箱が結構デカいです。

NIKKOR Z 100-400mm f/4.5-5.6 VR S

これだと対比物がないので分かりにくいかもしれませんが・・・

 

Z6IIを前に置くとこんな感じ。

NIKKOR Z 100-400mm f/4.5-5.6 VR S

そんなにめっちゃ重いわけじゃないんですが嵩張ります。

 

箱から取り出すとフードとケースが入った箱があって、それを取り出すとレンズが登場します。

NIKKOR Z 100-400mm f/4.5-5.6 VR S

最近だと無駄にダンボールとかのパッキンで大丈夫か?って思う事もあったりしますが、スチロール系のパッキンに挟まれているのでガッチリガードされていてめっちゃ安心感がありますね。

 

付属品はフードとケースです。

NIKKOR Z 100-400mm f/4.5-5.6 VR S

フードは大口径なのもあって、少し華奢な感じがするのでちょっと取り扱いには気を使うかなぁって感じ。

慣れもあるかもしれませんけど。

因みにロック機構がついてます。

 

ケースはキヤノンのRF100-500や他社のようなしっかりしたソフトケースで単体でも持ち運びが楽・・・・ってタイプではなくていつものZレンズではお馴染みのペラいやつ。

NIKKOR Z 100-400mm f/4.5-5.6 VR S

シグマとかはリュックに入らなくても単体ケースがセットになってて別に持ち歩けるので楽だったんですけどね。

いい値段がするレンズだし、セミソフトケースくらい付けてくれててもいいんじゃないの?って思ってしまうけど、思い起こせば昔のAF-Sレンズも同じような微妙なケースだったような気もしてきたのでまぁいいや。

必要ならこういったのを別途買う方がいいかもしれません。

 

レンズ本体はちょっとずんぐりむっくりな感じのスタイルです。

NIKKOR Z 100-400mm f/4.5-5.6 VR S

ちょっとバランス感が悪いようにも見えたりしますけど、これが意外に本体につけるといい感じになるんですよ。

 

付けてみた感じは昔の70-200mmくらいな感覚でしょうか。

NIKKOR Z 100-400mm f/4.5-5.6 VR S

重いんだけど重くない絶妙感。

K-1にSIGMAの50-500mmだともう単純に重すぎるだったんですが、これは意外と持ってても我慢できるレベル。

 

前から見ると長く見えますけど、意外に悪く無いんですよ。

NIKKOR Z 100-400mm f/4.5-5.6 VR S

重さは約1435g、三脚座を外すと約1355gなので大体2Kgくらいになりますね。

Z9と使うのがベストなんでしょうけど、Z9自体が重くて持ってると手元側がしんどくなってきたりしたんですが、Z5やZ6IIだと前が重くなってなんとなく持ち慣れた感覚なのでいい感じに思えるのかもしれません。

 

焦点距離100mmの状態

NIKKOR Z 100-400mm f/4.5-5.6 VR S

これだとなんと75cmまで寄れるというなかなかにクレイジーなスペックなんですよ。

ええ、APO-SKOPAR 90mm f2.8よりも寄れます。

 

これで最長400mmの状態。そんなに伸びません。

NIKKOR Z 100-400mm f/4.5-5.6 VR S

400mmでも最短で0.98mまで寄れるので、周八枚とかライカのオールド系レンズよりも寄れちゃいます。

何このオーパーツw

 

三脚座は普通のやつです。

NIKKOR Z 100-400mm f/4.5-5.6 VR S

 

NIKKOR Z 100-400mm f/4.5-5.6 VR S

写真のネジを緩めて、このプッシュボタンを押しながら前にスライドさせると・・・

 

三脚座が外れます。

NIKKOR Z 100-400mm f/4.5-5.6 VR S

手持ちで使うときは外しておいてもいいかもしれません。

もしアルカスイスタイプにするのであればこんな感じで三脚座ごと交換するタイプに付け替えてしまう方法が1つ。

もう一つは三脚座にアルカスイスプレートを取り付ける方法です。

F-FOTOさんからこの三脚座にぴったりなアルカスイスプレートが出てるそうなんですが、在庫切れの入荷未定なようなので、どうせ三脚につけるからそこまで気にしないのであれば普通のアルカスイスプレートをつけとけば全然いいのではないかと。

 

回転もするので縦横自由自在ですね。

NIKKOR Z 100-400mm f/4.5-5.6 VR S

 

このレンズ、結構ボタンがいっぱいあります。

NIKKOR Z 100-400mm f/4.5-5.6 VR S

AF-MF切り替え、リミット切り替え(全域と∞ー3m)のスイッチの他、カメラで設定できるL-Fnボタンが全部で5つ(L-Fn2のところに90度ごとに1つ設置されている)それとDISPボタン。

Fnボタンは使い方次第じゃかなり便利になるんじゃないでしょうか(使ってないから知らんけど)

 

DISPボタンは押すごとに表示が変わります。

NIKKOR Z 100-400mm f/4.5-5.6 VR S

距離

 

NIKKOR Z 100-400mm f/4.5-5.6 VR S

焦点距離

 

NIKKOR Z 100-400mm f/4.5-5.6 VR S

F値

 

距離の所だと数字の下に横棒がありますが、それが被写界深度になってます。

NIKKOR Z 100-400mm f/4.5-5.6 VR S

例えばこの状態でZ6IIの右肩パネルのF値を見ると

 

F5.6

NIKKOR Z 100-400mm f/4.5-5.6 VR S

 

ディスプレイ下のリングを回して線を伸ばしてやると

NIKKOR Z 100-400mm f/4.5-5.6 VR S

 

F16

NIKKOR Z 100-400mm f/4.5-5.6 VR S

という具合で、ノーファインダーで撮影もできるかもしれませんが誰がそんな事やるねんって話ですね。

どんな時に使うのかあんまりピンときませんが、右肩液晶のないZ5なんかでちょっと確認する時にはいいのかもしれませんね。

 

折角なので帰りに見た時にちょっとモヤってた月でも撮ってみようかと思ったらもう沈んでしまってたので、ベランダから近所の電柱だか避雷針だかわかんないけど撮ってみました。

NIKKOR Z 100-400mm f/4.5-5.6 VR S
100mm

 

NIKKOR Z 100-400mm f/4.5-5.6 VR S
400mm

両方ともRAWストレート現像でトリミングなどもしてません。

なかなか大きく写りますね。

使っていくうちにテレコンとか欲しくなるんでしょうけど、流石に今年はもうね・・・(´・ω・

とりあえず、元気だったら明日通勤時に試し撮りをしようk・・・でも会社に望遠レンズとか持っていくのはなんか違う気がして仕方ないわ(;´д`)

 


 

  • この記事を書いた人
アバター画像

tomo

■兵庫県在住 ■デジタル・フィルム問わず、カメラを持って街中をウロウロして撮影した写真を公開しています。時々カメラ以外の記事も公開中。 コメントなどありましたらお気軽にどうぞ。 当サイトはアフィリエイト広告で収益を得ています。 アフィリエイトやサイトの詳細はプロフィールページでご確認いただけます プライバシーポリシー・免責事項 プライバシーと Cookie の設定 お問い合わせはこちら

-LENS, NIKKOR Z 100-400mm f4.5-5.6 VR S, Nikon, カメラ・写真
-, , ,