当サイトではアフィリエイト広告及びアドセンス広告を利用しています

Nikon カメラ・写真

NX StudioがVer1.50になりました

Zfがもう直ぐということで、ニコン純正のRAW現像ソフト、NX Studioがアップデートされました。

ピクセルシフト合成とカスタムピクチャーコントロールが追加

Zfで搭載されるピクセルシフト撮影の画像を合成するための機能の追加と、今まではPicture Control Utility 2で行っていたカスタムピクチャーコントロールの取り扱いがNX Studioに統合されました。

 

ひと足先にZfのピクチャーコントロールを体験

今回のアップデートで「フラットモノクローム」「ディープモノクローム」「リッチトーンポートレート」がZfの発売に先行する形で追加されました。

そんなわけで、NX StudioでRAW現像時にピクチャーコントロールを選択することで、Zfよりもひと足先にピクチャーコントロールを試す事ができます。

因みに、Z30の写真でのピクチャーコントロール部分は通常だとこんな感じになってます。

 

[カメラ互換]の部分を[最新のピクチャーコントロール]に変更すると、新たなピクチャーコントロールが追加されています。

Zfのモノクロいいなぁと思ったけど、カメラを買い替えるのはなぁ・・・って方はPCを経由すれば現像できるので一安心ですね。

 

通常のモノクローム

 

フラットモノクローム

ピクチャーコントロール:フラットみたいな感じでトーンがなだらかになってます。

 

ディープトーンモノクローム

グレーになっていた彼岸花の花が白くなってるのが印象的ですね。

 

通常のポートレート

 

リッチトーンポートレート

ポートレートと比べると黒がしまってコントラストが上がったような感じでしょうか。

そもそもポートレート獲らんのでなんともですけど(;´д`)

 

さて、そんな新しいピクチャーコントロールですが、カスタムに追加できます。

フラットモノクロームとディープトーンモノクロームをカスタムピクチャーコントロールとして追加してみました。

 

で、カスタムピクチャーコントロールを書き出すでSDカードに書き出してみました。

そこからZ30にSDカードを入れてカスタムピクチャーコントロールをSDカードから本体に読み込みをしてみたんですが、カメラに取り込みできませんでした。

そらそうやね(´・ω・`)

ま、カメラに取り込むことはできなかったけど、NX Studioでの現像はできるしね。

あんまりやってなかったけど、いい機会だし自分好みのカスタムピクチャーコントロールを作ってNX StudioでのRAW現像にも活かすのもアリですね。

という事で、Vividをハイキー気味にした感じのやつを作ってみたので、また明日とかに撮って試してみようかなと思います。