当サイトではアフィリエイト広告及びアドセンス広告を利用しています

SONY カメラ・写真

SmallRig SR-RG1 ワイヤレスシューティンググリップが届いた

そんなわけで、昼間に記事を書いていたSmallRigのSR-RG1 ワイヤレスシューティンググリップが届きました。

昨夜、なかなか眠れなくて夜中に注文していたので当日配送になっとりました。

ということで、早速開封して見ましょう。

 

SR-RG1の外観

箱を開けると緩衝材に入った本体と取説が出てきます。

 

本体の下にはリモコン充電用のUSB-A to Cのケーブルが同梱されています。

Z30用のグリップと同じような感じでシンプルな作りになっています。

 

コントロール部分にあたるリモコンはこのような感じで着脱が可能。

本体側の色の少し違う◯の下に磁石が入っていると思われます。

その磁石でリモコンを本体に固定します。

 

リモコンの見た目と機能

リモコン部分はこんな感じ。

一番上の窪み部分にLEDが2つあって、左がバッテリー警告で右がBT接続のランプ。

TWのズームコントロールは押し込みではなく、上下スライドでした。

勝手に押し込みだと思ってボタン押せねぇとか思ったりして(;´д`)

その下がシャッターボタンと録画ボタン。

そしてリモコンの電源ON/OFFのレバーとC1ボタンになります。

リモコンとカメラ本体とのペアリング方法はカメラの取説を参照していただければと思いますが、α6700の場合はメニュー画面の[ネットワーク]ー[Bluetooth]ー[ワイヤレスリモコン]を入に。

その後、新規ペアリングを選び、リモコンのスイッチをONにして、録画ボタンとC1ボタンを同時に押して暫くすると、画面にSR-RG1が表示されるので、OKを選べばペアリングは完了します。

 

因みにリモコンの充電ポートはここにあります。

 

実際にカメラを載せてみた

そんなわけで、早速E 18-135mmを付けた状態のα6700をSR-RG1に載せてみました。

Z30用もそうですが、意外としっかりしてるので全然問題ない感じです。

 

可動域もZ30用と同じで、シルバーのボタンで首の角度を変更でき、可動軸の上にあるボタンを押すとカメラを90度ずつ回転させる事ができます。

組み合わせればグリップに付けたままで縦アングルでの撮影も可能になります。

使い勝手そのものはZ30用と変わらないんですが、こちらのグリップの方がリモコンも含めて円筒形になっているので、持ちやすさとしてはこちらの方がしっくりくる感じがしますね。

リモコンを外すと持ちにくさはこちらの方が上になりもしますが(;´Д`A

 

で、このグリップの機能の1つでもある軸部分の伸縮ですが、実際に伸ばすとこんな感じになります。

α6700 + E 16mm F2.8くらいなら自重で伸ばしたフレームが沈んでくるような事も沈みそうな気配もありませんでした。

E PZ 16-50mmくらいなら耐えてくれそうな気もするけど、レンズを持ってないため、問題ないという確信は持てません。

まぁ16mmや20mmのF2.8とかでVlogをするのであれば、ちょっとした俯瞰撮影をしたいときなんかには役立ちそうな気がします。

 

まとめ

自分はまだパワーズームレンズを持っていないので、シャッターと録画ボタンしか今のところは使い道がなかったりしますが、固定してスローシャッターを切りたい場合とか、簡易的なVlog撮影での録画ボタン操作には十分に有効かなとは思います。

別のグリップに乗せて本体の録画ボタンで操作してた時は、必要以上に無駄な部分が多くなってしまっていたので、ちょっと取り回しが楽になりそうです。

α6700でどこかに出かける時には鞄の中に放り込んでおこうかなと思います。

 

 

-SONY, カメラ・写真
-, ,