当サイトではアフィリエイト広告及びアドセンス広告を利用しています

LENS NIKKOR-Q Auto 135mm f2.8 Nikon カメラ・写真

白い梅の花も咲き始めました

2024-01-23

結局、今朝のお供はNikon Z6IIにNIKKOR-Q Auto 135mm f/2.8を付けて持ち出しました。

昨日は青空だったけど、夜に雨が降ったみたいで曇天な朝でしたが、まぁ撮り易さはあるのでいいのかな。

なんかよくわからない赤い花

いつも撮っている桜の木の後ろになんか赤い花が咲いてました。

 

早咲きの桜も綺麗な花よりも散った花や汚くなった花が増えてきたので、そろそろ撮り納めな感じがしますね。

花が散ってきて終わりかけの早咲きの桜

桜は春までおあずけかなぁ・・・

 

梅の方ですが、昨日は咲いていなかった白い梅が花を咲かせていました。

ぽつぽつと咲き始めた白梅

まだまだ数輪だけなのでこれからという感じですけどね。

 

上の花を、ちょっとしゃがんで正面からのアングルで撮ってみました。

咲き始めた白梅にアップで寄ってみた

1.5mで寄れないけど撮り易いです。

 

赤い梅の方は撮り放題なので、撮り易そうな感じのものを撮ってました。

満開になってきた梅の花

引きにくいので、寄れないのに寄った感じの写真が多くなるのは致し方ないところ。

っていうか、寄れないのでAPS-Cにクロップして撮っているので寄った感じになるのは当然なんですけどね。

 

 後ろの花と少し距離があるといい感じにボケますね。

ポツンと咲いた梅の花

 

ソニーやニコンであれやこれやとレンズを使っていて、よく使うレンズの焦点域はフルサイズ換算で24~75mmあたりが多くて、70-200mmなんかだと使い勝手がどうなんだろうって思ってたけど、135mmをクロップで使うのであれば70-200mmクラスのレンズでも問題なく使えるんだろうななんて改めて思いました。

綺麗に咲いた梅の花

来年あたりにはNIKKOR Z 70-180mmで撮れたらいいんですけどね。

 

そんなわけで、マニュアルフォーカスなのもあってのんびりと写真を撮ってたんですが、寒波の影響で滅茶苦茶寒かったです。

135mmで切り取った梅の花

梅の後ろの白い部分は白い砂利が敷かれた場所なんですが、なんとなく雪景色にも見えていいですね。

折角FTZIIを使ってるんだし、明日はNIKKOR S.C. 55mm f/1.2で梅を撮ろう。

 



 

-LENS, NIKKOR-Q Auto 135mm f2.8, Nikon, カメラ・写真
-, , ,