当サイトではアフィリエイト広告及びアドセンス広告を利用しています

LENS Nikon Voigtlander カメラ・写真

NOKTON 55mm f1.2 SL IIsが出るんですね

CP+で参考出品されていたNOKTON 55mm f1.2 SL IIsが発売されるという事です。

レンズの詳細や撮影サンプルは下記リンクからご覧いただけます。

外観とNikkor-S.C. Auto 55mm f1.2との比較

このご時世にFマウントを出し続けてくれるのはとても有難いんですが、これくらいのコンパクトさでZマウントでも出してくれねーかなぁなんて思うんですよね・・・

 

なんとなくですが、オマージュの元になったであろう系統のNikkor S.C. Auto 55mm f1.2と比べてみましょうか。

やっぱりクラシカルなスタイルはちょっとした安心感があるというか、ちょっといいなって魅力がありますね。

 

マウント面

 

 

レンズ構成

こっちがNOKTON

 

こっちはNikkor-S Auto 55mm F1.2

Nikkor-S Auto 55mm f1.2については下記リンクからどうぞ

 

感想的なもの

Nikkor S.C Auto 55mmの最短撮影距離は50cmや60cmがあったりしますが、Noktonは45cmなので、結構寄れるようになります。

標準希望小売価格は¥88,000(税込)で、フードはLH-55sという丸型フードが別売で発売されます¥5,500(税込)

フードはNOKTONだからといってバヨネット式になっているわけでもなく、あくまでもねじ込み式フードなので、当然ですが55mmのねじ込みフードなら使用可能。

拘らなければ55mmのフードは安いものも多くあるので、お好みでといった感じでしょうか。

 

レンズの実売価格は¥71,000弱のようです。

最短撮影距離を気にする方や現代レンズで故障時のメンテナンスなどを考えたらNOKTONはオススメなレンズだと思います。

ただ、中古のNikkor S.C. Auto 55mm f1.2の中古が¥3〜4万くらいなので、大体倍くらいの価格になります。

それとFマウントですし、現状であればマウントアダプター運用の方も多いと思います。

実際にNIKKOR-S.C. Auto 55mm f1.2をFTZIIで運用すると、これくらいのサイズ感になります。

Fマウントではコンパクトでも、Zにするとそれなりに長くなるので、FTZ運用縛りをするならいいけど、他のレンズも合わせるとちょっとゴチャっとしてくるんですよね。

使用頻度的なものも含めて、最新のオールドオマージュにするか、それともオールドにするかも決めるといいかもしれません。

ちなみにNikkor-S.C. Auto 55mm f1.2とZ30で撮った写真はこんな感じ。

35mm換算で82.5mmの焦点距離になります

他にも色々と撮ったものはあるので、カテゴリーからレンズを選択していただければご覧いただけます。

 

もしS.C. Auto 55mmを持っていなかったらNOKTONを買うか

自分がもし中古でNikkor-S.C. Auto 55mm f1.2を買っていなかったとして、NIKTONを買っていたかと考えた場合ですが、おそらく買ってないだろうな・・・

中国系のメーカーはほぼほぼAPS-Cレンズしか出さないので、MFとはいえ、フルサイズで1.2とか1.4の明るいレンズを出してるのはフォクトレンダーくらいなんじゃないかなぁなんて気もしますが、流石にFマウントレンズにその値段を出すのはちょっと躊躇してしまうので、結局はNOKTONではなく中古で探していたんじゃないかと思います。

でも、Fマウント機とZマウントなど、併用されている方にとっては十分にいい選択肢だと思いますし、f1.4なんかのレンズをお持ちでないのであれば、一足跳びで55mm f1.2を買ってしまうのもいいんじゃないでしょうか。

因みにですが、もし自分がS.C. Autoを買ってなくて、NOKTONから選ぶとしたら、APS-C用のNOKTON D23mm F1.2 Asphericalだと思います。

・・・選んでも買うまで踏み切れてない可能性は高いですけどね( ;´Д`)

 

 

 

 

-LENS, Nikon, Voigtlander, カメラ・写真
-, , ,