当サイトではアフィリエイト広告及びアドセンス広告を利用しています

LENS NIKKOR-Q Auto 135mm f2.8 Nikon TTArtisan 50mm F2 カメラ・写真

寄れないNIKKOR-Q Auto 135mm f2.8の微妙な距離感

昨日の帰り道、Nikon Z6IIとNIKKOR-Q Auto 135mm f2.8を持って、夕方の景色を撮ってみました。

Nikon Z6II+NIKKOR-Q Auto 135mm f/2.8

ツツジなんかの昔からよく見ていた花を見ると、街の景色は変わって行っても変わらないものもあるよなって思ったりする事があります。

 

夕日に向かっての意地悪撮影。

Nikon Z6II+NIKKOR-Q Auto 135mm f/2.8

普通に白っぽくはなるけど、そこまで酷い感じではないですし、ゴーストなんかも出ていないので逆光耐性が意外と高い事に驚きました。

 

玉ボケが狙えるほど暗くもないので、街灯の灯を撮ってみました。

Nikon Z6II+NIKKOR-Q Auto 135mm f/2.8

135mmだけど圧縮効果で国道二号線がめっちゃ近く見えますね。

 

昔のレンズなので、最短撮影距離が1.5mと全く寄れないんですが、普段使ってるようなレンズだと微妙過ぎるくらいに届かない場所にある被写体が絶妙の位置になってきたりするので、そういったものを狙うと感じに撮れますね。

Nikon Z6II+NIKKOR-Q Auto 135mm f/2.8

撮像範囲をDX切り替えて撮れば、寄れる感じにはなるので使い勝手は上がるんでしょうけどね。

マジで紫陽花の時期に撮影するのが楽しみです。

 

で、今日はTTArtisan 50mm f2を付けて持ち出しました。

Nikon Z6II+TTArtisan 50mm f2

これも最短が50cmと寄れないわけですが、こっちはFX-DXの切り替えを普通にやってるのでNIKKOR-Q Auto 135mm f2.8のほうでは切り替えが梅く出来ないのは距離的な慣れなんでしょうね。

 

1つだけ気の早い紫陽花が花を咲かせ始めてました。

Nikon Z6II+TTArtisan 50mm f2

周りの紫陽花はまだ蕾なので、綺麗に咲くのはあと1~2週間は先でしょうね。

 

昔の標準レンズだと最短撮影距離は45cmとかが普通だったので、50cmでも十分普通には使えるんですよね。

逆に他のレンズの最短距離が短くなりすぎているので寄れない感覚になっちゃってるんでしょう。

Nikon Z6II+TTArtisan 50mm f2

とはいえ、60cm辺りになってくるとやっぱり寄れないなぁって感じてしまいますが。

 

こっちはDXに切り替えて撮影。

左隣に枯れた花があったので、クロップしたものを更にトリミング。

Nikon Z6II+TTArtisan 50mm f2

つい無意識に絞りリングを弄りながら歩いていたようで、この写真と次の写真はf6.3くらいの位置になってました(;´Д`)

 

こっちも同じような感じで枯れたのをなるべく排除してます。

Nikon Z6II+TTArtisan 50mm f2

地味に朝でも日差しが強くなってきたので、そろそろ絞り開放で撮るのも難しくなってきたかなぁ・・・

 



 

  • この記事を書いた人
アバター画像

tomo

■兵庫県在住 ■デジタル・フィルム問わず、カメラを持って街中をウロウロして撮影した写真を公開しています。時々カメラ以外の記事も公開中。 コメントなどありましたらお気軽にどうぞ。 当サイトはアフィリエイト広告で収益を得ています。 アフィリエイトやサイトの詳細はプロフィールページでご確認いただけます プライバシーポリシー・免責事項 プライバシーと Cookie の設定 お問い合わせはこちら

-LENS, NIKKOR-Q Auto 135mm f2.8, Nikon, TTArtisan 50mm F2, カメラ・写真
-, , ,