当サイトではアフィリエイト広告及びアドセンス広告を利用しています

E 18-135mm f/3.5-5.6 OSS LENS SONY カメラ・写真

写真を見返してみたら鳥の割合が高い朝だった

昨日の記事で今日からまたTG-6に戻る的な事を書いてましたが、今日のお昼はインスタント麺にしたので荷物的には余裕があったので、カメラは昨日と同じα6700とE 18-135mmです。

まぁ帰りにそんなに撮る事もないだろうなという打算的な考えもあるんですけどね。

という事で、今朝もふらっと尼崎城方面へ行ってみました。

SONY α6700+E 18-135mm 曇天の中の橋の写真

何がどうって事もないんですが、なんとなく橋を撮ってみたりして。

朝は濃霧の場所が多かったみたいで、いつもの曇り空とは少し違った様相でした。

普通に少しモヤってる感じで微妙に遠くの見通しが良くないです。

 

足を延ばしてはみたものの、あまり目立ったものも無くてネタを探していたわけですが、鳩が地面に落ちているものを啄んでいたので撮ってみました。

SONY α6700+E 18-135mm 何かを探す鳩

雀と違って鳩は図太いので近くを通っても全く逃げる素振りも見せませんね。

 

桜の木に巻き付いて伸びていた蔓がえらい成長してました。

SONY α6700+E 18-135mm 桜の木の幹にまとわりつく蔓植物

花の間から蔓が出てたりしたら訳が分からない事になりそうですね。

しかし、雨は全く降ってないのに雨が降ってる時に写真を撮っているような色味ですね。

 

梅の花の方に行ってみたらもうかなり散ってきていました。

この場所の梅もそろそろ終わりだなと思いながら眺めていたら、雀ではない鳥が・・・

鶯なのは分かったんですが、135mmじゃ遠すぎましたね(;´Д`)

元の写真だと完全に判定不能なレベルサイズにしか写っていなかったので、鶯の部分を中心にトリミングしました。

SONY α6700+E 18-135mm 梅の木にいる鶯

フツーに望遠レンズが欲しくなるよね・・・(;´Д`)

ガチで撮りにいくならNIKKOR Z 100-400mm+テレコンなんかでもいいかなって思うけど、お手軽散歩って感じじゃないしなぁ

旅行用にいいなと思っていたけど、街中で無目的撮影にもタムロンの18-300mm Di IIIがいいんじゃないかと改めて思ったりしました。

18-135mmよりも一回り大きい感じになるのと重さが倍くらいになるけど、近接もいけるし、焦点距離が倍以上カバーできるようになるしね。

標準ズームのF2.8通しを取るか利便性を取るか・・・悩ましいね。

 

早咲きの桜も蕾だったものがもう咲いてしまってました。

SONY α6700+E 18-135mm 早咲きの桜もかなりヘタって来た

雨と湿気でぐっしょり状態でちょっとしんどそうな感じ。

 

そんな中、小さなアブのような虫が桜の花の蕊に止まっていました。

SONY α6700+E 18-135mm 桜の蜜を吸うアブ?

全然動かなかったので撮り易かったんですが、よう写っとるね。

 

川の方には水鳥がすいすいと泳いでました。

SONY α6700+E 18-135mm のんびりと川を泳ぐ水鳥

この目線の先にはもう一羽の水鳥がいて、その鳥は川面に浮いたゴミの所に行ってたので、食べてしまわないかちょっと心配ですね。

しかし、今朝撮ったものを見てたらタイトルの通りで、別に狙ったわけではなかったんですが鳥を撮っている割合が高かったです。

完全に無意識だったんですが、そんな偏り方もたまにはあるよね。

 


ソニーストア