当サイトではアフィリエイト広告及びアドセンス広告を利用しています

Nikon カメラ・写真

Nikon Zfc用ファームウェアVer.1.60が公開されました

CP+2024の会場で用意されていたZfcに搭載されていた最新のファームウェアがVer.1.60.として本日公開されました。

Nikon Zfc クリムゾンレッド

 

ファームウェアVer.1.60での変更内容

  • [セットアップメニュー]の[インフォ画面の表示設定]に背景色を追加しました。
  •  [セットアップメニュー]に[オープニング画面]を追加しました。カメラの起動時にオープニング画面が表示されます。
  •  [カスタムメニュー]に g7[動画撮影中の赤枠表示]を追加しました。
  •  Fn ボタンに[レリーズモード]を設定しているとき、撮影モードが AUTO で Fn ボタンを使った[レリーズモード]の設定変更を行うと、設定が正しく変更できない現象を修正しました。

変更内容は以上のように記載されています。

サードパーティ製の電子マウントアダプターやオートフォーカスのレンズを利用されている方は、ファームウェアアップデートで動作しなくなる可能性もあるので、SNSなどで情報を集めてからアップデートされることをお勧めします。

 

インフォ画面の背景色変更

DISPボタンで表示できるインフォ画面の背景カラーを12色から選択できます。

一応クリムゾンレッドを選んでみました。

Nikon Zfc ファームウェアVer.1.6.0追加機能

エクステリアに合わせて変更するのもありなんでしょうが、実際のエクステリアのカラーと液晶モニターのカラーとはそこまでマッチングする感じでもないので、気分に合わせてって感じでしょうかね。

次のバージョンではナイトモードとして黒バックの赤文字も搭載して欲しいところですね。

 

オープニング画面

設定でオープニング画面を「有効」にすれば起動時にショートムービーが表示されます。

実際の起動画面がこちら。

時間的には1秒ちょっとなので、そこまで気にはならないかもしれませんが、パッと撮りたい時にはちょっと邪魔になる可能性はあるかなぁって感じでしょうか。

知らない人に見せるとちょっと感心されるかもしれません。

オープニングは何種類かが用意されていて、起動時にランダムで表示されます。

あくまでもランダムなので、同じものが何度も出てくる可能性は当然あります。

占い気分でその日に自分好みのやつが表示されたらラッキーなんて占い感覚で最初だけONにするのもありかもしれませんw

あまり遊んでON/OFFをしてると、オープニングだけでバッテリーを食う可能性も無きにしも非ずなので、ほどほどにしてる方がいいかもしれません。

 

動画撮影中の赤枠表示

他の機種でも紹介したので今回は割愛しますが、録画中かどうかの確認が一発で出来るようになるので、動画も撮影される方に限らずONにしておいていいんじゃないかなと思います。

これがあると見た目で録画中かが直ぐに分かるので、録画ボタンを押したつもりで押せてなかったっていう失敗が無くなります。

 

Zfc ファームウェアVer.1.60新機能まとめ

動画の赤枠に関しては他の機種でも随時追加されていっている機能なので、Zfcもようやくかって感じではあるんですが、それ以外の新機能はサプライズ的な感じというか、持っている人に楽しんでもらおうと言うようなアップデートだなと感じました。

なんだかんだいってもレンズ込みで13万くらいするカメラですし、今の日本の景気じゃ気軽に買い替えができないなんて事情も多々ありますからね。

せっかく買ってくれたユーザーに長く使ってもらいたいっていう気持ちがあるのかなぁって思いました。

しかし、ミラーレスになってからはデフォルトは液晶画面=ライブビューなので、Info画面なんか久しぶりに見た気がするなぁ・・・

一眼レフの頃は当たり前だったので、久しぶりにインフォ画面で使うのも楽しくていいかもしれませんね。