当サイトではアフィリエイト広告及びアドセンス広告を利用しています

Sound

AVIOT TE-W1のイヤーピースをAZLA SednaEarfit Crystal for TWSに変えてみた

AVIOTのTE-W1を購入してほぼ2週間が経過しました。

ノイズキャンセリングイヤホン AVIOT TE-W1 レビュー
『AVIOT TE-W1』を買ったらお値段以上だった【レビュー】

2024年3月2日に発売されたAVIOTのTE-W1を購入しました。 AVIOT製品は初購入ですが、新製品でもあるので開 ...

続きを見る

使用しているのはほぼ通勤時のみなので、エージング時間は15時間といったところでしょうか。

購入当初に比べると高音がかなり出やすくなった感じがします。

そして、本題の件、先週の日曜にイヤーピースをSpinFit OMNIに変えたと言う記事を書いたばかりなんですけどね・・・

SpinFit OMNI イヤーピース
AVIOT TE-W1のイヤーピースをSpinFit OMNIに変えてみた

早いもので、AVIOTのTE-W1を購入してから1週間が経過しました。 通勤中の使用なので、いうても10時間くらいしか鳴 ...

続きを見る

AZLA SednaEarfit Crystal for TWS(Lサイズ)の店頭在庫が復活していたので購入してきました。

AZLA SednaEarfit Crystal for TWS

2ピースで¥1,700ほどなので、SpinFit OMNIよりも全然安いです。

 

イヤーピースはこんな感じで透明のブリスタータイプのケースに入っています。

AZLA SednaEarfit Crystal for TWS

ケースの嵩は意外とあるので、取り外した他のイヤーピースを入れておくのもいいかもしれません。

TE-W1に装着するのもSpinFit OMNIに比べると圧倒的に楽でした。

 

流石にTWS用として売られているので、TE-W1に装着してケースに入れるのも純正のイヤーピースとそんなに変わらない感じになります。

SpinFit OMNIの場合は少し押さえる必要がありますが、純正のようにカチッと吸着する感触になるのは心地いいかも。

AZLA SednaEarfit Crystal for TWS

そんなに大きな差ではないけど、OMNIの方は少し耳道に入ってくるので、装着時の定位がしっくりこないと装着し直しが必要だったりしますが、AZLA Crystal for TWSの方は耳道の入り口をカバーするような感じなので、ほぼ一発で位置が決まります。

耳道に入れる分だけ、SpinFit OMNIの方が高音も良く聴こえる感じはありますが、装着感を含めた使い勝手としてはAZLA Crystal for TWSの方が良いかなという気がします。

気分によって付け替えるのがいいのかもしれませんが、TE-W1からSpinFit OMNIを取り外すのがかなり面倒だった(千切れそうで怖かった)ので、自分はTE-W1にはAZLA Crystal for TWSで行こうかなと思います。

SpinFit OMNIは水月雨(Moondrop)の竹ーCHU2にでも使おうかと思います。