当サイトではアフィリエイト広告及びアドセンス広告を利用しています

LENS NIKKOR Z MC 50mm F2.8 Nikon カメラ・写真

趣味のカメラだからこそ心のままにシャッターを切る

明日以降は天気が下り坂予報で花が傷みそうなので、Nikon Z6IIとNIKKOR Z MC 50mm f/2.8を持ち出しました。

わしゃわしゃしているユキヤナギなので、ちょっと寄ると花と葉っぱで白と緑の世界が広がります。

Nikon Z6II+NIKKOR Z MC 50mm f/2.8
Nikon Z6II+NIKKOR Z MC 50mm f/2.8

最終的にどんな感じの写真にしたいかを考えて写真を撮るのが普通なんでしょうけど、別に作品としてコンテストに出すとかでもないし、自分の場合はその時に思った感覚のままに撮っています。

 

DXにクロップしてグッと寄ってみました。

Nikon Z6II+NIKKOR Z MC 50mm f/2.8
Nikon Z6II+NIKKOR Z MC 50mm f/2.8

通勤時の撮影は時間との戦いなので、あまりその場で確認をする事が無いので後から見てダメじゃんって思う事も多々あったりします。

これもF8まで絞ってますが、後ろの蕊がボケていってるので全然絞り足りてませんね。

 

菜の花が咲いていたので一枚だけ撮ってみました。

ユキヤナギが白と緑の世界だったら、菜の花は黄色と緑の世界。

Nikon Z6II+NIKKOR Z MC 50mm f/2.8
Nikon Z6II+NIKKOR Z MC 50mm f/2.8

あえて花じゃなく蕾の方をフォーカスしてみたりしたんですが、なんでやねんという気がしなくもない。

ま、後から見直したら「なんでこんな写真を撮ってたんだろう?」って思う事もあるけど、その時その時で自分が気になったものを撮る事が大切かなと思っています。

プロならクライアントありきなのでそうもいかないでしょうけど、趣味で撮ってるなら気にする必要もないし。

自分のその時の感情や気持ちでしか撮れない写真(ネガティブな時はめっちゃアンダーな写真とか、普段取らないような場所を撮ったりとか)もあったりしますし、後から見直してトリミングやRAW現像かでガラッと印象が変わる事もありますしね。

綺麗に撮る事も必要でしょうけど、その時々で楽しみながら写真が撮れるのが一番じゃないかなと思います。

 



 

  • この記事を書いた人
アバター画像

tomo

■兵庫県在住 ■デジタル・フィルム問わず、カメラを持って街中をウロウロして撮影した写真を公開しています。時々カメラ以外の記事も公開中。 コメントなどありましたらお気軽にどうぞ。 当サイトはアフィリエイト広告で収益を得ています。 アフィリエイトやサイトの詳細はプロフィールページでご確認いただけます プライバシーポリシー・免責事項 プライバシーと Cookie の設定 お問い合わせはこちら

-LENS, NIKKOR Z MC 50mm F2.8, Nikon, カメラ・写真
-, , ,