当サイトではアフィリエイト広告及びアドセンス広告を利用しています

PR LENS NIKKOR Z MC 50mm F2.8 Nikon カメラ・写真

【Z6II】猫を撮り、猫に癒される

昨日の夕方は歯医者の予定を入れていたので、少しだけ早く会社を出ました。

朝に起きたJRの事故の影響が夕方になっても解消されていなくて、とんでもなく混んでいたので早めに上がって正解でした。

で、歯医者の時間まで7分くらい余裕があったので、猫がいそうなエリアを少しだけ散策。

何故かマンションの入り口付近によく猫がいるところでは、なんだかモフモフそうな感じの猫がうたた寝をしてました。

Nikon Z6II + NIKKOR Z MC 50mm f/2.8
Nikon Z6II + NIKKOR Z MC 50mm f/2.8

近寄って行ける場所ではないので大丈夫だと思っているようですが、何度か遭遇している猫ではないのでちょっと警戒している様子はありますね。

めっちゃモフモフした感じなので触ってみたかった・・・

 

それからお肉屋さんの隣にある路地の所では白黒のぶち猫がのんびりと寛いでいました。

Nikon Z6II + NIKKOR Z MC 50mm f/2.8
Nikon Z6II + NIKKOR Z MC 50mm f/2.8

実はこの猫、α6700とE 16mm F2.8でめっちゃ近寄って手を伸ばして撮ってみたけど全く逃げなかった子だったりします。

 

流石に警戒されるのかと思って、しゃがんだままにじり寄っていってました。

Nikon Z6II + NIKKOR Z MC 50mm f/2.8
Nikon Z6II + NIKKOR Z MC 50mm f/2.8

流石にこれ以上は無理かなというくらいまで近づいた時、すくっと立ち上がってこっちに向かってきましたΣ(・□・;)

その後、座っている自分の周りをくるくると回りながら、かなり遠慮気味に首を擦り付けてきました。

 

そして、ちょこんと自分の隣で落ち着いてしまった・・・

「これは撫でろという事か!?」と思っていると、「そうだ!」と言わんばかりにこちらをチラ見してくるので、遠慮なく撫で繰り回しました。

Nikon Z6II + NIKKOR Z MC 50mm f/2.8
Nikon Z6II + NIKKOR Z MC 50mm f/2.8

α6700とE 16mm F2.8の時に逃げなかったのも、単純に人が好きで構ってもらいたかったのかもしれません。

元々時間もそんなになかったので、2~3分だけ撫でた後、「また後でね」と声を掛けて歯医者へ向かいました。

 

予防歯科が終わってから再び猫がいたところに戻っていくと、今度は「待ってたで!」と言わんばかりに猫の方からこちらに向かってきました。

Nikon Z6II + NIKKOR Z MC 50mm f/2.8
Nikon Z6II + NIKKOR Z MC 50mm f/2.8

さっきよりも少し念入りに身体をすりすりした後は、歯医者に行く前と同じようにちょこんと隣に陣取ってきました。

お尻を軽くポンポンしたり、首の所を掻いたり、背中を弱めに撫でたりしてました。

全く嫌がる様子もないので、この猫にとっても自分にとってもWin-Winな関係なのかなぁ・・・

どちらかというと自分の方がかなりガッツリと癒しを得ているような気がするんだけど(;´Д`)

常にここにいるわけじゃないんでしょうけど、また近くに行った時には覗きに行ってみたいと思います。

今度会った時にも近寄ってきてくれたら嬉しいなぁ。

 



 

  • この記事を書いた人
アバター画像

tomo

■兵庫県在住 ■デジタル・フィルム問わず、カメラを持って街中をウロウロして撮影した写真を公開しています。時々カメラ以外の記事も公開中。 コメントなどありましたらお気軽にどうぞ。 当サイトはアフィリエイト広告で収益を得ています。 アフィリエイトやサイトの詳細はプロフィールページでご確認いただけます プライバシーポリシー・免責事項 プライバシーと Cookie の設定 お問い合わせはこちら

-LENS, NIKKOR Z MC 50mm F2.8, Nikon, カメラ・写真
-, , ,