当サイトではアフィリエイト広告及びアドセンス広告を利用しています

カメラ・写真

IFOOTAGEの自由雲台が欲しい

突然ですが、うちの三脚は古いベルボンのジオカルマーニュN545MとFotopro三脚のFPH-42Qです。

ベルボンなどの古い三脚をアルカスイス互換にする
ベルボンの三脚をアルカスイス化する

自分が今使用している三脚はベルボンのジオカルマーニュN545Mというモデルです。 5〜6年前に購入したんじゃないかなぁと ...

続きを見る

ベルボンのクイックシュープレートにアルカスイス互換プレートを重ねることでアルカスイスプレートの取り付けが出来るようになっていますが、正直面倒臭い事もあって、大型レンズを伴わない三脚撮影の時はFPH-42Qを持ち出すことが多いんです。

が、こいつがちょっと面倒臭いポイントもありまして・・・

Nikon Z9+NIKKOR Z 100-400mm f/4.5-5.6 VR S
F-FOTOのレンズプレートを買いました

NIKKOR Z 100-400の三脚座につけるアルカスイスプレートを買おうと思っていたんですが在庫切れしてるっていうの ...

続きを見る

上の記事でも書きましたが、微妙にプレートの幅というか開口が狭くて上から斜めに差し込むってのがちょっと難しかったりするわけです。

ぶっちゃけ可搬性優先なので細かい事を言うなと言われたらそれまでですが、使い勝手が微妙なのは事実なので、何かしらいい方法はないかとずっと考えてました。

で、そこで見つけたというか教えてもらったのがこのIFOOTAGEのボールヘッド M30型

パッと見はふつうの雲台と変わらない感じなんですが、よく見るとプレート部分が妙な形に。

 

というのも、アルカスイス互換の38mmとビデオ雲台用の50mmのクイックリリースプレートが取り付けられます。

これがあれば三脚を2台持って行ったり雲台を交換する必要も無かったり。

まぁ自分は動画はほぼ無縁なのでそんな事態はまず無いんですけど、FPH-42Qよりは使いやすそうなので、アタマを変えてしまえばいいかなぁと思ってたんですが、IFOOTAGEって更にエグイ商品があるんですよ・・・

 

それがこのクイックリリースシステムQ1S

なんじゃこりゃって感じですけど、このツノの部分を回すと・・・

 

こんな感じで分離します。

取り付けは上からカチッとはめ込むだけなので、めっちゃお手軽。

ベース側を三脚に付けて、プレートを雲台に取り付ければ簡単に雲台の交換が出来るシステムが構築できます。

因みにセットで1.2万くらい。

単体だとプレートが4000円くらいでベースが8500円くらい。

これをFPH-42QとN545Mの本体に取り付けてやれば、雲台1つで状況に合わせて使い分けが出来るようになるわけです。

めっちゃニッチな商品だとは思うんですが、自分のように三脚本体は全然問題ないけど雲台がなぁ・・・って人には意外といい商品なんじゃないかと思います。

正直、自分のような使い方はちょっとイレギュラーな方だとは思うんですが、こいつがあれば微妙な操作が必要な時にビデオ雲台が使いたいけど交換が面倒臭い・・・なんて事も無く、雲台の交換が可能になります。

マジ便利。

いや、自分がビデオ雲台を買う事は無いんだけどね。

 

 

因みにIFOOTAGEはビデオ雲台も販売しています。

画像はK7タイプで7KGまで搭載可能。価格は大体5.5万円くらい

下のリンクはK5で5KGまで搭載可能で2万円くらい。

ビデオ雲台の使い方は良く分かんないんだけど、こういうのもありますよ。

 

 

あと、雲台交換が前提の話になりますが、そういった使用をされる場合に便利そうなのがこのレベラー

レバーを開閉する事で簡単にロックと解除ができて簡単に水平出しが行えるようになります。

Q1Sと三脚の間に入れておけば雲台を変えるとまた水平出しの作業をする煩わしさが無くなるので、そういった用途を多用される方には便利なアイテムだと思います。

雲台とレベラーは今週の金曜から発売開始のようでリンクが無かったりしますが、もし興味があるようでしたら是非どうぞ。

自分はとりあえず雲台だけでも欲しいんだけど、先立つものが・・・orz