当サイトではアフィリエイト広告及びアドセンス広告を利用しています

Sound

何気にイヤーピース探しが難しいんですよ

2024-01-28

イヤホンを買おうと思いながらも、価格的な事や在庫的なこともあってなんか踏ん切りがつかないというか、試しに行っても買えないしなぁってことで結局土日はどこにも行かず。

で、なんとなく中華イヤホンをAmazonでポチってみました。

KZのZSTXという1BA+1DD構成のやつで、値段は¥2,200〜¥2,500くらい。

普通に聞けるイヤホンを買っても¥2,000近くはするので、リケーブルもできることを考えたらなかなかに破格だったりします。

ロングセラーモデルで結構評価も高い機種なので、まぁいいかなと。

以前は別のケーブルがついていたそうですが、現在は銀メッキの2ピンー3.5mmケーブルが付いているので、以前の機種を持っている人ならケーブルを買うよりもイヤホンを買う方が得なのかもしれないという・・・

バランス化も考えたんですが、とりあえず付属のケーブルで聴いてみてから考えようかなと思います。

ちなみに複数のBAを搭載した機種でもメジャーなブランドのものに比べたら格安なので、聴いてみてアリだったら他の機種を試すのもいいかな。

とりあえず到着は明日の予定です。

 

イヤーピースをどうしたものか

ということで本題ですが、イヤーピースをどうしようかなということなんですよ。

WF-1000XM4の時はイヤーピースがポリウレタンフォームを使用したノイズアイソレーションイヤーピースだったので全く問題なかったんですが、過去にイヤホンを使っていた時には大体コンプライなんかのフォームタイプのイヤーピースを使っていました。

というのも、シリコン製のものだとすぐに耳が痒くなってきちゃうんですよね(;´Д`A

まぁ全てのイヤーピースがダメってわけでもないんですが・・・

なので、仮に以前書いていたようなイヤホンを買ったとしてもこの問題はついて回るわけですよ。

そんなわけで、ちょっと気になっているイヤーピースをピックアップしてみました

 

COREIR コレイル BRASS 

イヤーピースの中に金属製のコアが入っていて、音質の向上がかなりいいらしいんですが、1セットで¥4,000くらいするのでなかなかの価格。

また、金属のコアがある事で本体のノズルが長くなるのと同じ事になってしまうので、耳内部の長さが短い人には装着しにくいようなので、購入前に店頭で試す方がいいかな。

あと、ワイヤレスイヤホンだとケースに入らなくなって充電ができなくなると思うので注意が必要です。

 

アズラ(AZLA) SednaEarfit MAX スタンダード

100%医療用シリコンで作られているので、低刺激になっているとのこと。

XM4のアイソレーションイヤーピースのLサイズの下側の径が13mmでSednaEarfit MAXのMLサイズが13.2mm、Lサイズが13.9mmとなっています。

アイソレーションのLサイズでもちょっと小さいと感じる人にはちょうどいいサイズ感かもしれません。

フルワイヤレス用の長さの短いTWSとASMR用とか色々とあるようです。

 

フィット感とかサイズ感ってのは店頭で試すことができても、暫くつけてみて痒みが出るとかは分からないので、実際に買って試すしかないんですけどね(´・ω・`)

 

-Sound
-