当サイトではアフィリエイト広告及びアドセンス広告を利用しています

PR LENS NIKKOR Z 26mm F2.8 Nikon カメラ・写真

Nikon ZfcとNIKKOR Z 26mm f/2.8で散りつつある八重桜を撮る

今日はNikon ZfcにNIKKOR Z 26mm f/2.8を付けてお供にしてみました。

広角のパンケーキレンズなので、Zfcに付けても全然違和感がない組み合わせだったりします。

雨が降る時はなかなかに強い雨が長時間という感じなので、八重桜にとっても花散らしの雨が続く感じになってしまい、予想よりも早く散っていってる気がします。

Nikon Zfc+NIKKOR Z 26mm f/2.8

遊歩道には散ってしまった花びらや、鳥が落としたと思われる花がいっぱいでした。

左下の方は自転車に轢かれてしまってぐちゃッとなっていますが、そうでない部分は散った後でも結構綺麗だなと思います。

どうしても薄暗い場所なのでアスファルトも黒っぽくなってますが、色味を変えたら綺麗な感じになりそうかなって思いました。

まぁ難しそうですけど(;´Д`)

 

今年の八重桜が咲き始めている事に気が付いたのは4月9日の事なので、2週間くらいで散り始めているわけですね。

雨の影響もあるんでしょうが、意外と早いような感じもしますね。

 

ま、八重桜が散ってきたとはいっても、まだ去年のように綺麗な部分が一部だけって感じではないので、比較的撮り易い感じはします。

Nikon Zfc+NIKKOR Z 26mm f/2.8

曇天であまりパッとしない感じだったので、カスタムピクチャーコントロールでちょっと濃いめの色にしました。

 

寄りまくってアップにした八重桜と桜の葉っぱを入れてみました。

カメラがDXセンサーのZfcなので画角的にはフルサイズでNIKKOR Z 40mm f/2を使うのと同じ感じですが、NIKKOR Z 40mm f/2よりも10cm寄れるので、NIKKOR Z 26mm f/2.8やNIKKOR Z 28mm f/2.8を使う方がクロップありきになりますが、使い勝手がいい場面もあったりします。

Nikon Zfc+NIKKOR Z 26mm f/2.8

露出補正を+2EVにしているのでかなり明るくてポップな感じになりました。

もう少し下から撮って葉っぱの根元の茶色い部分が写らないようにした方が良かったかなぁ

 

道端のプランターにも花が咲いていました。

後ろが白い塀なのでどうしても白い部分が多くなってしまうんですが、花の淡い色が良く分かるので白バックでもあまり気にならないかなぁ。

メインにするものよりも明るいものや白いものを入れると、人間はそっちを先に見てしまうのであんまり良くないと言われるんですけど、自分の場合はあんまり気にしてなかったりします。

ぶっちゃけ見る人によると思ってるので、気にしても仕方ないかなと(;´Д`)

いろんなものが入った被写体でもなければ、目を引く明るいものや白いものがあっても、被写体の方を先に見るし、プロでも人によって評価が180度違ったりするので、気にしすぎても仕方ないかなぁと。

楽しく撮れりゃいいんですよ。

Nikon Zfc+NIKKOR Z 26mm f/2.8

流石に菜種梅雨というには時期が遅い気がするんですが、今週も相変わらず雨がちな予報なので写真を撮り難い天候だったりするんですよね。

スカッと晴れてほしい気もするんですが、晴れたら晴れたで夏日だったりするので、どっちがいいかと言われたら微妙な所かなぁ・・・(;´Д`)

今年に入ってからほぼ休日には出掛けていなかった反動から、かなり体力的にも落ちてしまっているので、一度休日にちゃんと写真を撮りに行くとかして負の連鎖的な状態から脱出しないとなと思ってます。

思うのは易し、成すは難しなんですけどね(´・ω・`)

 



 

  • この記事を書いた人
アバター画像

tomo

■兵庫県在住 ■デジタル・フィルム問わず、カメラを持って街中をウロウロして撮影した写真を公開しています。時々カメラ以外の記事も公開中。 コメントなどありましたらお気軽にどうぞ。 当サイトはアフィリエイト広告で収益を得ています。 アフィリエイトやサイトの詳細はプロフィールページでご確認いただけます プライバシーポリシー・免責事項 プライバシーと Cookie の設定 お問い合わせはこちら

-LENS, NIKKOR Z 26mm F2.8, Nikon, カメラ・写真
-, , ,