当サイトではアフィリエイト広告及びアドセンス広告を利用しています

PR APO-LANTHAR 35mm F2 Aspherical VM LEICA LENS カメラ・写真

頭を柔らかくすると選択肢が増える

以前、カメラリュックを普段使いにして使っているという記事を書きました。

ハクバ プラスシェル シティ04 フラップバックパック
カメラリュックを普段使いに

続きを見る

 

上の気室に長財布と水筒、箸入れを入れて、下の気室にはこんな風に弁当とカメラって感じだったのでこの左上のカメラスペースに入らないサイズは無理だと諦めてたんですよね・・・

Leica M10-R BlackPaint+APO-LANTHAR 35mm f/2 Aspherical VM

でも、考え方を変えてこの仕切りを取り払ってしまうか弁当箱の上で平坦に仕切ってしまえば、お弁当エリアはそのままで財布と箸入れを収納できるようになりました。

水筒は鞄の外のサイドポケットに入れてしまえば、上の気室はゴッソリと空く事になるんです。

ゴッソリ空いてると、Z5と24-200mmでも余裕で入るので、通勤のお供になるカメラの選択肢が格段に広がりました。

 

そんなわけで、撮影に行く事も少なくなってレンズの長さがネックでなかなか持ち出される事がなくなったアポランター35mm F2をお供にして通勤途中に写真を撮りました。

 

暖かくなって色んな花が咲くようになってきました。

Leica M10-R BlackPaint+APO-LANTHAR 35mm f/2 Aspherical VM

でも明日以降でまた少し寒くなってくるみたいなので、桜の蕾が少し大きくなってきてもうすぐ咲くのかなと思ってたけどまだ暫くは小康状態になりそうですね(´・ω・`)

 

逆に良く分からないのがこの金柑

Leica M10-R BlackPaint+APO-LANTHAR 35mm f/2 Aspherical VM

会社の最寄り駅近くにあるんですが、ちょくちょく実がなってる気がするんですよね・・・・

年に数回なるんだったらあれですが、そうじゃなかったら自分の感覚が麻痺してるって事でめっちゃ怖いんですけどw

まぁ歳をとってくると10年以上前の事が2~3年前に感じたりするので、よく実がなってるって勘違いをしててもおかしくはないんですけどね・・・(;´Д`)

 

 

 

amazon限定モデルならただ今セール中でグレーしか残ってませんが¥4368で販売されています。

引手が革製な事くらいしか差異はないですし、ブラックと違ってグレーはカメラリュック然としてないので普段使いにもいいので結構オススメです。

ヘタってきた頃にはもう販売終了してるだろうし、予備に買っとこうかな・・・

 

  • この記事を書いた人
アバター画像

tomo

■兵庫県在住 ■デジタル・フィルム問わず、カメラを持って街中をウロウロして撮影した写真を公開しています。時々カメラ以外の記事も公開中。 コメントなどありましたらお気軽にどうぞ。 当サイトはアフィリエイト広告で収益を得ています。 アフィリエイトやサイトの詳細はプロフィールページでご確認いただけます プライバシーポリシー・免責事項 プライバシーと Cookie の設定 お問い合わせはこちら

-APO-LANTHAR 35mm F2 Aspherical VM, LEICA, LENS, カメラ・写真
-, , ,