当サイトではアフィリエイト広告及びアドセンス広告を利用しています

PR iPad iPhone PC関連 Sound 日記

WF-1000XM4のイヤーピースを現行のEP-NI1010に変えてみた

気が付けば早いもので、WF-1000XM4を通勤のお供として使い始めてから2年が経過していました。

WF-1000XM4 購入 レビュー
ソニー ワイヤレスイヤホンWF-1000XM4を買いました【めっちゃいい】

続きを見る

SONY WF-1000XM4の簡単なレビュー

続きを見る

で、前からイヤーピースを変えないとなぁって事は言い続けていたんですが、最近は遮音性もちょっと落ちてきた感じがしてたので、いい加減限界かなと思ってようやくイヤーピースを購入しました。

厳密には4月あたりに買ったんだけど、間違えてMサイズを買っちゃって付けたら微妙にフィットしなかったので付け替えなかったんですよね・・・(;´Д`)

 

やっぱり純正のイヤーピースを選んだ

今回購入したのは純正品のEP-NI1010のLサイズ。

WF-1000XM4に付属していたものはEP-NI1000で、このNI1010はXM5に付属しているものと同じになります。

SONY EP-NI1010 ノイズアイソレーションイヤーピース

SS、S、M、Lサイズがあるので、自分に合ったものを選べます。

付属していたノイズアイソレーションイヤーピースだけで1年は余裕で快適な状態で使えてましたからね。

それを考えると、流石に2年は買い替えなさすぎだとしても1年で交換するとしても¥1,700くらいだし。

ずっと昔にポタアンとか持ってイヤホンをあれこれ買ってた頃のコンプライのイヤーピースなんかは2~3か月あたりで交換しないとダメなレベルでしたから、それを考慮すれば価格的にも全然高くはないんです。

まぁ何年も買ってないので、コンプライのイヤーピースなんかも進化してるのかもしれませんが・・・

 

NI1000からの大きな変更点は後部のウレタンが薄くなっているのと、写真のように穴の部分にメッシュカバーが付くようになりました。

SONY EP-NI1010 ノイズアイソレーションイヤーピース

穴の中を掃除とかしようと思うとちょっと面倒だったので、これは有難いですね。

パッと見だと以前のものより小さくなったように感じたんですが、長年の使用で以前のものの形が変わっちゃってる可能性が高いです。

 

こっちが元々のNI1000Lを後部から見た写真。

SONY EP-NI1010 ノイズアイソレーションイヤーピース

裏面のウレタンがちょっと厚め。

 

あれ?こんなに良かったっけ?

そんなわけで、イヤーピースを交換したWF-1000XM4を装着して今朝の通勤時に使ってみました。

ソースは相変わらずNW-ZX300です。

いつも通りの操作でBluetooth接続して再生しながら駅へ。

交換前のかなりヘタってたイヤーピースだと耳と密着しきれてないのか、車の通りが多い場所だとかなり車の音が入ってきてました。

しかし、イヤーピースを交換したらちょっと感心しちゃうレベルで遮音性が上がってました。

厳密には遮音性が元の状態に回復したって感じでしょうけど。

普段は大体ボリューム20前後で聞いていて、曲が流れていても車内アナウンスが分かるくらい聞こえるようになってたのが、音を止めてうっすらと車内アナウンスが聞こえるくらいに。

そういえば、買った当時はこうだったわってのを改めて思い出しました。

 

まとめ

XM5はXM4よりもノイキャン性能が20%UPしているとの事なんですが、イヤーピースさえ適正な状態を保っていればXM4でも十分に満足できるレベルなんだよなと改めて思いました。

いつでも買えるからと無駄にケチってましたが、年間サブスクじゃないけど1年に1回くらいは交換した方がいいような気がします。

バッテリーがヘタって使えなくなるまでは大切に使っていこう。

 

 

 

  • この記事を書いた人
アバター画像

tomo

■兵庫県在住 ■デジタル・フィルム問わず、カメラを持って街中をウロウロして撮影した写真を公開しています。時々カメラ以外の記事も公開中。 コメントなどありましたらお気軽にどうぞ。 当サイトはアフィリエイト広告で収益を得ています。 アフィリエイトやサイトの詳細はプロフィールページでご確認いただけます プライバシーポリシー・免責事項 プライバシーと Cookie の設定 お問い合わせはこちら

-iPad, iPhone, PC関連, Sound, 日記
-, , , ,