当サイトではアフィリエイト広告及びアドセンス広告を利用しています

PC関連 Xiaomi Pad 6 ゲーム

Xiaomi Pad 6で遊び倒してます

Xiaomi Pad 6を購入してから1週間ほどが経過しました。

Xiaomi Pad6のパッケージ
Xiaomi Pad 6を買ってみた

当初はただのお供で買いに行きました 相方が使っていたハーウェイのMedia Pad T2と、自分が買ったものの結局ほぼ使 ...

続きを見る

タブレット2台生活は予想外に快適かもしれない

正月休みももうすぐ終わりで、いよいよ明日から仕事な訳ですが、まぁ怠惰な10連休を過ごしました。 で、Xiaomi Pad ...

続きを見る

なんだかんだで色々と楽しんでます。

 

ベンチマークの性能はアテにならない部分もある

みんな大好きAntutuベンチマークのスコアを見ると、iOS17.2のiPhone 11 ProとXiaomi Pad 6の総合スコアは似たようなもので、GPUスコアはiPhone 11 Proの方が2割増しといった感じになっているようです。

ゲームよくプレイされる方はこのスコアを指標にしてゲーミングスマホを購入されたり、ライトゲーマーでもスコアを参考にされる方も多いかと思われます。

ですが、意外とベンチマークのスコアってのはあくまでも指標にはなっても鵜呑みにできない部分も多いというお話です。

例えば原神の場合、Pad 6を購入した時にテストで入れてみたわけですが、カスタム設定で以下のようにした時のデバイス負荷はイエローでした。

Xiaomi Pad6での原神の負荷

 

一方、Iphone 11 Proで同一設定を行った場合の負荷はこんな感じ。

iPhone11 Proでの原神の負荷

 

因みに60フレームのモーションブラー高にしても負荷は3割にも達していません。

iPhone11 Proでの原神の負荷(60フレーム)

ベンチスコアでは2割ほどの差でしたが、6インチと11インチのディスプレイサイズの差が実際にはかなり大きな差になっているのかもしれません。

 

一方、最近やたらとハマってプレイしているNIKKEですが、全く逆の現象になってます。

Xiaomi Pad6で動かすNIKKE

Xiaomi Pad 6では引っかかる部分もなく、かなりサクサクなんですが、iPhone 11 Proでプレイするとガクガクで処理が追いついてないというかなんというか・・・速攻削除しました。

その後ネットで調べてみると、iPhoneの方ではアプリが落ちるとか重いって書き込みが多かったので、本体メモリ容量の差とかプログラム的な要因もあるのかもしれません。

 

そんなわけで、NIKKEがなかなかにガチ寄りなゲームだった

どんなわけやって事なんですが、無料ゲームとかのCMでやたらと『尻』が強調されたゲームのCMをみたことがある方も多いのではないかと思いますが、意外と尻がどうのこうのと言ってられるようなゲームではなかったです。

ストーリーに沿っていく事で色々な要素が解放されていくので、必然的にストーリーに準拠する形になっていきますが、マップ上にある隠された遺失物などを回収しながら敵を倒してストーリーを展開していきます。

5戦ごとにガチャ石100個を貰えたりと、地味にガチャは引きやすい方かもしれません。

ただまぁSSRが出やすいかどうかは別物なのはどのゲームも一緒で、正月募集のモダニアを回してましたが、違うSSRばかりで全く出ず(´・ω・`)

特別ガチャは1回でゴールドマイレージが1つ貰えて200枚でキャラ交換が行えるんですが、今回はマイレージ交換でモダニアをゲットしました。

NIKKE モダニアげっと

 

めっちゃごちゃごちゃした感じのロビー画面ですが、ここから色々な場所へ行ってミニゲームやクエスト、育成などを行います。

NIKKEホーム画面変更

ニケにタッチすると何かしらの反応もしてくれますよ。

 

基本的には敵との戦闘を行うになりますが、殲滅戦、拠点防衛戦、阻止戦の3つがメインで、要所要所でボス戦があります。

殲滅戦は敵を倒しながら最後に出てくるボスエネミーを撃破するもの。

拠点防衛戦は下のSSのように目の前のエリアを制限時間終了までに青いバーが50%以上になっていれば勝利。

阻止戦は画面右端に防衛ラインが張られていて、左から右に流れていく敵が防衛ラインを突破しないようにしていくというもの。

NIKKEゲーム説明

それぞれに敵の戦闘力が記されているので、サブクエストやアークと呼ばれるサブゲームエリアで装備や強化アイテム、スキル強化素材を入手したりしながら、NIKKEの育成を行なっていく必要があります。

バーストスキルという特殊攻撃もあるんですが、キャラごとに1〜3のタイプに分かれていて、1〜3をパーティーに入れておけばコンボを発動させたりすることもできます。

また、武器によって射程も違ったり、敵によってはサブマシンガンじゃ処理が追いつかず、ショットガンなどの武器の方が倒しやすいなど、地味に戦略を考える必要もあったり。

クエストで詰まった時は育成して再チャレンジするとか、他の装備のキャラをいれてみるとクリアできたりもします。

解放されたらオート攻撃をONにすると思いますが、オート任せだとボスがいても雑魚を攻撃してたりするので、その場合はニケを指定して自分でボスを攻撃するとかにした方がいいかもしれません。

 

キャラ育成は全キャラを育てるのではなく、メインになる5体を育てていき、前哨基地にあるシンクロデバイスによって、シンクロさせたキャラを育成している5体のキャラの一番低いレベルに合わせるというもの。

シンクロデバイスのシンクロ可能数は前哨基地に建物を建てたり、前哨基地にあるアカデミーを進めていくと解放されていきます。

地味に長い道のりですが、のんびりと進めるのもいいと思います。

 

どうでもいいんですがXiaomiの端末全てに入ってるのかどうかはわかりませんが、デフォルトでゲームターボってアプリが入ってました。

Xiaomi Pad6のゲームターボ

 

ゲーム中に画面の左端に小さいバーが表示されて、それをスワイプするとこんな感じで表示されます。

Xiaomi Pad6ゲームターボ起動画面

おそらく、他のアプリなどが使用していたメモリなどを解放したりするものなんでしょうけど、ボタンを使わなくてもSSが簡単に撮れるのと、動画がワンタッチで撮れるようになるのは結構便利かなと思いました。

とは言っても動画撮るような必要性のあるアプリを使ってないんですけどね(;´Д`A

という事で意外にもXiaomi Pad 6がかなり気に入ってます。

他にも軽めで適当に遊んで面白そうなゲームを探さないとなぁ

 

 

-PC関連, Xiaomi Pad 6, ゲーム
-,